【医療情報】慢性的症状・肩こり・腰痛等の健康情報☆満載!

慢性的な肩こり・腰痛等の医療情報を詳細に情報提供させて頂きます!(^_^)

腰痛に関する医学的知見の画期的な向上により…。

腰痛に関する医学的知見の画期的な向上により、数多くの人を悩ませている腰痛の一般的な治療法も10年程度で見違えるほど変貌を遂げたので、お手上げ状態だった人も、何としてでも病院へ行ってみてください。

仮定の話として一向によくならない首の痛み・頑固な肩こりが消え去って「心も身体もバランスのとれた幸せな健康状態」を手に入れたらいかがでしょうか。肩こりを解消したら同じ悩みで苦しまない身体になりたくはないですか?

ジンジンとした膝の痛みに効果的なコンドロイチンという名の化学物質は軟骨に含まれるムコ多糖類の一種で、血管から得た栄養分を細胞の一つ一つに補給する役割を担いますが、体内のコンドロイチン量は年齢を重ねるとともに減っていきます。

外反母趾治療のための手術のノウハウは多種多様ですが、極めて一般的なものは、中足骨で骨切りを行い、本来の向きに戻す方法で、変形の程度によりどの方法にするかを適宜選択して施術するのが基本です。

変形性膝関節症という膝にくる疾病は、膝関節のクッションである軟骨が擦り切れたり、損傷したりする障害で、50~60代以降に見られる膝の痛みの主な理由として、数多い疾病の中で最もよくあるものの一つに数えられます。


マラソンなど走行距離の長いスポーツでうずくような膝の痛みに見舞われる代表的ともいえる疾患は、膝の内側の痛みが特徴的な「鵞足炎」膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こして痛みが出る「腸脛靭帯炎」がありますが、これらの疾患はランナーズニーという膝周りのランニング障害です。

長きにわたって悩みの種であったしつこい肩こりが解消した大きな理由は、結局のところインターネットで検索して自分にとって違和感のない整骨院をチョイスする機会があったという事です。

静かにゆったりしていても、辛くて耐えられない、強い痛みやしびれが三日以上治まらないのは、病院等の医療機関での坐骨神経痛の診察並びに治療が重要で、整体や鍼灸治療はかなり危険なことと言えます。

多くの人を悩ませる坐骨神経痛が何に起因しているかが明白な場合は、その因子を取り払うことが根本からの治療に直結しますが、原因が何なのかよくわからない時や、原因がわかっていても取り除くのが難しいというような場合は、対症療法を行うことになります。

テーピングをする方法は、足指に変形が生じる外反母趾を手術せずに治す極々有効な治療法という事ができ、数万人もの臨床から判断して「確立された保存的療法」と言い切れるということで差支えないと思います。


昨今では、TV番組やインターネット上のウェブサイト等で「不快な膝の痛みに効果が高い!」とその素晴らしい効果を謳い上げている健康サプリは山ほど目にします。

外反母趾で変形していく足を治療する時に、保存療法を実施しても痛みの度合いが強いか、変形の度合いが強くよく売られている靴を履けなくなっている方には、結論としては手術に踏み切る流れになってしまいます。

俗にバックペインなんてコールされる背中痛といいますのは、年を重ねることだけに原因があるのではなく、腰痛だったり肩こりに左右されて背面を覆っている筋肉のバランス状態が思わしくなかったり、筋肉自体が痛んでいると起こりやすいと言われます。

外反母趾を治療すると決めたなら、真っ先にやった方がいいことは、足の形に合った靴の中敷きを作ることで、その働きで手術のメスを入れなくても治る有用な実例はたくさん存在します。

ぎっくり腰も同じですが、行動している途中とかくしゃみが原因で引き起こされる背中痛なんですが、靭帯や筋肉等々がダメージを被って、痛みも露わになっていることが多いと言われます。




腰椎椎間板ヘルニアのMED術術後の癒着等による腰や、左下肢等の痛み(難治性腰痛)に...
腰椎椎間板ヘルニアのMED術術後の癒着等による腰や、左下肢等の痛み(難治性腰痛)について 40代♂(独)です。昨年初旬、仕事中に、腰痛を発症し、腰椎椎間板ヘルニアと診断され、約3ヵ月の経過 観察期間を経た後、MED術による腰椎椎間板ヘルニア摘出術を、地元九州のA大学病院で行いました。 術後、当初は一定のリハビリ期間を経た後、社会復帰する予定でしたが、術後は、椎間板ヘルニア発症時の瞬間的に出ていた ビビッ とした電気が走る様な痛みこそ無くなったものの、回復状態が悪く、歩行時の腰や左下肢の痛み、長時間の座位時の腰の痛み、臀部、下肢の痺れが強かった為、昨年夏頃に転院先のB病院の主治医から「何か他に原因があるのでは?」と言われ、手術を行ったA大学病院での精密検査を勧められました。 A大学病院の麻酔科で、いくつかの検査を行ったところ、「手術を行った腰椎の位置で造影剤の流れが悪いところがある。癒着などでもこの様なことがあるが、自然発生的にも起こることもある…」との見解で、それから約3月間で、硬膜外洗浄を4~5回、ラッツカテーテルを1回行いましたが、良い結果を得られず、A大学病院の麻酔科の医師から、「ここで出来ることは全て試してみましたが…」と言われた為、事前にネットで調べていた エピドラスコピー のエキスパートのいる関東のC大学病院をセカンドオピニオンとして昨年末に紹介してもらい、C大学病院で診察と、エピドラスコピーを実施するにあたっての必要な検査を行った後、今年の春にエピドラスコピーを行いました。 エピドラスコピーの術前は、杖を使って歩行する際、左足に体重を乗せようとすると、左下肢、特にふくらはぎ付近が強く痛むため、ほとんど体重を乗せられなかったのが、エピドラスコピー術後は、左下肢の痛みが若干弱くなった分、体重を少し乗せられるようになりました。しかし、依然として歩行時の腰部痛・左下肢痛は残ったままでした。 C大学病院を退院時、次回予約と、今後の治療方針 ※2回目のエピドラスコピー → 電極の埋め込み → 背中を直接開ける の体への負担の少ない順で進めていく言った説明を受け退院しました。 その約2ヶ月後、C病院を受診。前回退院時の際と同じ説明を受けました。診察時の症状は前回C病院退院時とほとんど同じ状態でした。 更にその約5ヶ月後の予約を取り、その予約までの間、A大学病院で仙骨硬膜外ブロック6回、硬膜外洗浄4回を実施しましたが、痛み止めは、その場しのぎで効いても2日くらいでした。 そうこうで、5ヶ月が経ち、C大学病院を受診。前回の説明とは全く異なる説明で、2回目のエピドラスコピーは実施しない。電極も、背中を開けることもしない。とういう前回とは真逆の説明を受け、地元A大学病院へ返される形となりました。大人の事情?色々考えましたが、治療の道が閉ざされたことはとても悲しかったです。 以前のような仕事は出来ないにしても、デスクワークの様な仕事にでも戻れれば良いのですが、現在は、椅子に1~2時間座っているだけで、腰・臀部・左足に痛みや痺れ等の症状が出て職場の復帰出来ていない状態です。 私に残された治療の選択肢は、電極を埋め込む治療と、背中を開ける手術の他に何か良い方法がないかないものでしょうか? おそらく、エピドラスコピーでだいぶ癒着を剥がせて幾分歩き易くなった事実から、残りの部分を剥がせたらもっと良くなるのでは?と、素人ながら考えています。 宜しくお願い致します。(続きを読む)


京都で産後の骨盤矯正は産後整体専門のあだち整体院(京都市西京区桂)へ